仮想通貨と分析方法

仮想通貨を使った投資で資産を増やしたいのであれば、分析の活用を考えておくことがおすすめです。
チャートの値動きのみを見て売買を繰り返すことでも、利益を出すことは可能です。ただ、情報もなく漠然とした状態で行う売買は、暴落などのリスクに対応することができず、資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

こうしたリスクを減らしたい、ギャンブル的なトレードではなく、手持ちの資産を着実に増やしていきたい場合は、データや情報に基づいたトレードをしていくことがおすすめです。

分析の中でも有名なものは、株やFXでも使われているテクニカル分析です。テクニカル分析は過去の値動きを参考に、今後の動きを予測していくもので、仮想通貨でも使うことができると言われています。
ただ、仮想通貨は高騰や暴落など思わぬ値動きをすることが多いもので、テクニカル分析だけではリスクを防ぎきれない可能性があります。リスクを防ぎながら資産を増やしていきたい、そんな時はテクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析も取り入れておくことがおすすめです。

ファンダメンタルズ分析の特徴は、情報を元にチャートの動きを予測していくことです。仮想通貨の場合は、世界各国の仮想通貨に対する動き、取引所や販売所での取り扱いの有無などの情報を元に、現状を分析していく形となります。

色々な情報を元に、現時点の仮想通貨の価値を確認した時に、評価が低いと感じたら仮想通貨を購入し、評価が正当な状態になった時点で売るという形で利益を確定していきます。大きく伸びることを待つのではなく、正当な評価になるのを待つ形のため、ギャンブル的な要素は少なく、リスクを少しでも抑えたい人に最適な分析方法です。

そんなファンダメンタルズ分析の一つが、半減期を知っておくことです。半減期の前後は、仮想通貨の価値が大きく上がりやすいものです。
上がる前の状態で仮想通貨を購入し、半減期が来るのを待てば、それだけでも利益を確定させることができます。
知らなければ、資産を増やすチャンスを失うだけでなく、高騰した状態でしか仮想通貨を購入できない状態となってしまうことがあります。そのため、仮想通貨を取り扱う際には、情報を元にチャートの動きを予測していくことがおすすめです。

ただ、情報の中には、悪質なデマが混じっていることもあります。ファンダメンタルズ分析を取り入れる際には、フェイクニュースなどに踊らされないようにしておくことも大切です。